受賞歴

●2020年度 第36回都市公園等コンクール「施工部門」 国土交通大臣賞/一般社団法人 日本公園緑地協会

都立芝公園もみじ谷の「もみじの滝」

 芝公園西側の崖線沿いに「もみじ谷」と呼ばれる深山幽谷の人工の渓谷がある。その中心にある「もみじの滝」は、落差約10m、流長約25mで緩急2種類の勾配で構成された都内有数の人工滝である。明治時代の整備以来、何度か一部が崩落、その都度改修が行われたが、大規模改修は行われてこなかった。今回石組みや土砂の崩れが見られたため、初めて滝の石組みをすべて外し、根本的に再整備を行った。地形は急峻且つ複雑で既存樹も多く、適宜新技術を活用して施工を進めた。3D測量で地形を把握、コンクリート躯体の形態を確定した。また、複数の排水系統を敷設し、湧水対策を講じた。石組みは2段階工程を組み作業場を設定した。滝の主石には、多孔質で比重が軽く、山サビや庭苔が良くつき、繊細な形姿の石組みが可能な、江戸東京の庭園文化を考える上で欠かせない存在である黒ボク石を選定した。植栽は重機施工が可能な滝の下段部には、樹形に特徴を備えている大きな紅葉を、上段部には急勾配で植穴の制約も多いことから株立ちの幼木を用いた。適宜明治時代の竣工写真や長岡安平の描いた全体の絵図を参考にしつつ、現代工法を用いて往時の設計思想・イメージを活かした滝が完成した。

●第7回(2004年)まちの活性化 都市デザイン競技まちづくり月間実行委員会会長賞

 /財団法人 まちづくりパブリックデザインセンター